施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 小田切 大輔 > みんなのキッチン

みんなのキッチン

  • キッチン
  • サニタリー(洗面)
  • トイレ
  • バリアフリー
  • 内装
  • 断熱
  • 自然素材
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 日進市
築年数 25年
金額 900万円

ビフォー写真

ストーリー

キッチンが壊れ始めたことがきっかけでリフォームを考え始めたH様。
今まで台所にこもって料理や片付けをしていたので、せっかくリフォームするなら対面キッチンにしたいとご要望をいただき、H様との物語が始まりました。

もともとの間取りは台所と食事スペースが別々の箇所にある、ひと昔まえにはよくあった間取りでした。
キッチンのスペースと生活空間と切り離されてしまっていましたので、家族との時間が増えるようなプランをご提案させていただきました。

プランも初回の打ち合わせから最終までに18回訂正を行い、H様が納得いくまでとことんご提案を致しました。
キッチン本体はもちろん、ライフスタイルが良くなるようにするにはどうすればいいのかと迷われていたので、各メーカーショールムにご案内しそれに合わせたご提案を致しました。
またH様ご自身でもキッチンメーカーのショールームに見学に行かれており、東洋キッチンに行ってみるというのでそれならと『キッチンハウス』をご紹介しました。
その結果、クオリティが高くコストパフォーマンスの良い『グラフテクト』が採用となりました。

高耐久の引き出しレールや輸入キッチンクラスをお値打ちにチョイスできる点をすごく気に入っていただけました。
特にH様が気に入っていたのが、ミーレの食洗器と扉と同じ色で天板が選べるところでした。
天板と扉が一体に見えオープンキッチンになっても、LDK全体にバランスよく溶け込みます。

キッチン周りにあると便利なコンセント関係も、一工夫して設置。水撥ねからの漏電を防げるコンセントや、ご要望のあったカップボード側にも設置しました。
カップボードと窓台の間にちょうど収まる薄型のコンセントでキッチンの色と合うものを採用し、見た目を損ねることはありません。

もともと台所だったスペースはパントリーになり、食品ストック置き場として活用されています。
コンロの裏には小物置き場用のニッチを作りました。

リビングとダイニングはもともと和室だったスペースをダイニングとつなげて、LDKとして広い空間になりました。
また隣の和室との行き来ができる扉もつけて、おじいさまが普段使っているお部屋に行きやすくなりました。

そのほかにも玄関は、収納力の増量と傘立て収納、姿見を組み合わせて設置。
スペースぎりぎりまで有効活用された収納となり、いままでご不満に感じていたことが解決できたかなと思います。

トイレも、もともと背面に設備壁があり少し狭かったのを取り払い、広い空間を確保しました。
H様お気に入りの泡の洗浄があるPanasonicのアラウーノを、自動水栓の手洗い付きでご採用頂きました。

打ち合わせの際にライフスタイルについて悩まれていたお客様。
リフォーム後に、「暮らし方が変わりました。家族がLDKにいる時間がすごく増えて、家事も協力してくれる頻度が多くなりました。夫婦で大変満足しております」とおっしゃっていただきました。

今までは奥様一人で使っていたキッチン。
それがリフォームをきっかけに家族みんなで使うキッチンになりました。

ビフォー
アフター

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る