施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 栗本 和幸 > Depth

Depth

  • キッチン
  • サニタリー(洗面)
  • トイレ
  • バリアフリー
  • 中古リノベーション
  • 内装
  • 断熱
  • 間取り変更
  • リビングの仕切りの向こうはベッドルーム
  • さまざまな商品を組み合わせた、自由なサイズ感のキッチン
  • 収納たっぷりのシューズBOXと大きなアートが出迎えるエントランス
  • ボウルが深く使いやすい洗面所
  • 参考資料もしっかり備えたミーティングルーム

アフター

  • リビングの仕切りの向こうはベッドルーム
  • さまざまな商品を組み合わせた、自由なサイズ感のキッチン
  • 収納たっぷりのシューズBOXと大きなアートが出迎えるエントランス
  • ボウルが深く使いやすい洗面所
  • 参考資料もしっかり備えたミーティングルーム

データ

施工地域 名古屋市千種区
築年数 38年
金額 600万円

ビフォー写真

ストーリー

今回のお話は、中古物件の購入とリノベーションのお話です。
建築士のお客様が「やりたい事が出来た!」と言ってくれたリノベーションの物語です。

お客様のS様はご夫婦で建築家さん。
ご自身で考えた間取りやプランを作りたいと、マンションはリノベーション可能な物件を探していました。
物件もある程度決まったタイミングで不動産屋さんに相談したそうです。

「自分たちのプランを作ってくれる」
「一緒にプランを練ってくれる」
そんな施工店があるかお聞きしたところ、マニカホームをご紹介してくださったそうです。
初めてS様とお会いした際にお持ちいただいたプランが、これまでにない間取りでした。

手書きプラン

特にそれぞれの部屋の間仕切り壁がほとんどなく、さらに従来の作り方だと壁が分厚いので、とにかく壁を薄くして欲しいとご要望をいただきました。

そのほかにも「規格品のキッチンは入れたくないがコストは抑えたい」「トイレのドアを目立たなくしたい」といったご要望をはじめ「フロアタイルの目地(タイルとタイルの境目)に合わせて壁を作りたい」など、設計士さんならではの細かい作り方まで様々なご要望をいただきました。
S様からお話しがあった際に、とてもわくわくしたのを覚えています。

リノベーションプラン
ゾーニング
間取り図
施工前
施工前

初めてのお打ち合わせから、実際に作れることと難しいこと、その代わりの案をご提案させていただき奥行き感・抜け感のあるS様のお住まいのプランが決まりました。

最初のプランから間取りが少し変わりましたが、コンセプトは変わらずS様のやりたい事が詰まっているプランになりました。
壁は厚みは強度が保てるぎりぎりに挑戦しました。壁の芯材(柱)には単板積層材(LVL)を少しでも反りが少ないものにして、両面を合板で補強してあります。
合板が仕上がり面になるので、ビス穴が出ないように、強力なボンドでとフィニッシュで固定し、さらに棚受の金物を止めるビスを利用して最大限薄く、強度のある壁を作りました。

さらにこだわりポイントは、ほとんどの壁面はすべて接合部の高さをそろえて目地がそろうように仕上げてあります。
またお客様のご要望にもありました壁がたっている場所も、正方形の床材(フロアタイル)の目地に合わせて立っています。
S様と自分のこだわって作りたい気持ちに共感してくれる職人さんがいたからこそ出来た仕様だと思いました。

水まわり
ダイニング
キッチン
洗面
トイレ
トイレ

既製品のキッチンは入れたくないけど、コストは抑えたい。 そんなS様のご要望を組み合わせると、こんな素敵なキッチンに。

このキッチンはキャビネット(引き出し収納)と天板、シンク、などそれぞれ別々のメーカーを組み合わせたキッチンです。
既製品には出来ない自由なサイズ感と、余計な機能を除くことでコスト面も抑えられました。
中でも苦労したレンジフードは、既存の換気口を利用しないといけない為、設置方法を試行錯誤を重ねて何度も現場で確認して無事設置しました。
このレンジフードのすぐ上にカップボードを設置するのには本当に苦労しました。

給湯機はもともとマンションの壁を抜いてあるタイプでした。マンションの規定で同じタイプ(ホールインワン)の給湯機しか使えなかったのでここも一工夫しました。
キッチンの背面に給湯機が来る形になるので、キッチンカウンターの収納キャビネットを給湯器に合わせて作り、その手前に電子レンジ置き場を作りました。
さらに点検口を取り付けてメンテナンスもできて、普段は隠せるように作りました。

トイレは出来るだけ目立たないようしたいとのご要望でしたので、壁とトイレの扉が一緒の材料で作りました。
ここも壁に使われていつ合板と扉の合板の高さを合わせて、それぞれの目地が同じ位置になるよう計画しました。
また扉の蝶番(ちょうつがい)が目立たないように、隠し蝶番を使用しました。

ワークスペース
ワークスペース
ワークスペース
ワークスペース

ワークスペースは、エアコンの設置が難しい状況でした。ベランダが遠いため、通常のドレン(排水をする管)の設置が出来なかったからです。
しかし何とかしてエアコンを設置したいとのご要望でしたので、普段住宅ではあまり使わないドレンの乾式トラップを教えてもらったこともあり採用致しました。
これによりキッチンなどの排水に接続が可能となりました。

さいごに
リビング
リビング
リビング

天井はすべてマンション躯体(コンクリート打ちっぱなし)のままにしました。
そのため通常照明のスイッチや電気配線を天井から降ろすことが多いのですが、今回は大部分を床からの配線で行いました。
なので天井は照明用の線が少なく、ライティングレールも使いすっきり納まっています。

お客様からの感想
・自分たちのプラン(やりたい事)に対して、さらに良いプランや価格を下げるプランを出してくれた。
・工事中の対応もレスポンスが早く全く問題ありませんでした。
・工事が終わってとても満足しております。やりたい事が出来ました。

予算との兼ね合いからS様ご自身が棚板の取り付けやコンクリートの塗装など、ご自身で出来る箇所は行って出来上がった物件でした。
そしてなによりS様の"やりたい事"をうまく作ることが出来ました。

ビフォー
アフター
マニカデザインアワード

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る