施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 栗本 和幸 > 住まいの顔をグレードアップ

住まいの顔をグレードアップ

  • エクステリア
  • キッチン
  • トイレ
  • ユニットバス
  • 内装
  • 増築
  • 外壁
  • 断熱
  • 自然素材
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 名古屋市緑区
築年数 18年
金額 1250万円

ビフォー写真

間取り図面

ストーリー

今回のストーリーは、本当に気に入っているものを極力残しつつ、それでいて機能性やデザイン性を上げるリフォームの真骨頂が試された事例です。

I様がお住まいを建てられたのが18年ほど前。当時もとてもこだわってお家づくりを進められたそうで、一見まだまだ不便なく住めそうな雰囲気でした。
ですがご要望をお聞きしていくなかで、生活環境の変化や、お風呂やキッチンも古くなってきて不便さを感じているようでした。

そこで、当時こだわって作った部分は出来る限り残しつつ、それでいて設備の機能やデザイン性をさらにお客様好みになるよう新しく作り直す部分は残したテイストを生かせるようコーディネート致しました。

もともとリビングとダイニングがふすまで分けられた間取りを、間仕切りの壁も一部取り払い二部屋を繋げて開放感のある空間になりました。

キッチンは最初についていたものが奥行き75㎝の広い特殊なタイプだったので、その寸法で対応が出来るPanasonicのLクラスをご提案致しました。
奥行きと幅をもともとの寸法に合わせて入れることで、サイズが同じなので今までの使っていた感覚に近いのに、機能がさらに充実しているキッチンになりました。

またダイニング側から見えるキッチンの袖壁にアクセントとして本物の石を利用して、クロスの柄では表現しきれない質感や重厚感を出しました。

トイレもキッチンと同様に気に入っていた手洗いは残しそれ以外を、使いやすい機能が充実しているアラウーノSに取り換えました。

お風呂は大きい出窓がついており、明かりを出来るだけ取り入れた開放感のあるのが好きとのことでしたので 新しいお風呂にクリナップのアクリアバスを採用し、専用の出窓も付けました。アクリアバスの特徴で壁の隅から隅まで開口部として広い窓を 取り付けられるので、もともとの開放感を損なわずにかつ最新のあったかいお風呂になりました。

玄関は和室の押入れが玄関扉のすぐ右手側にあったのを、地袋を作り収納を確保しつつ、反対の面は玄関のカウンターとしておしゃれに見せる工夫をしました。 また反対側に大容量の玄関収納を設置し空間が広がりつつ収納量も増やすことが出来ました。

また打ち合わせ中にご主人様が通勤途中に見かけるおしゃれな家の外観が気に入り、写真のような外観を作ることが可能なのかと聞かれました。 奥様からは新しく布団が乾しやすい広いバルコニーが欲しいとご要望を頂きましたので、玄関ポーチを天井付きのものにして広いバルコニーを作りました。 外壁はLIXILのラグナロック、玄関扉は三協アルミのリヴィルノ、バルコニーへのサッシも三協アルミのマディオJ フルオープン仕様に。

ポーチは地盤沈下により状態が悪く歪み始めていたので、それを直すとともに石材を敷き込み、外壁がおしゃれな玄関ポーチに仕上がりました。
ご主人様の求めていたおしゃれさ、奥様の求めていた布団が乾しやすい広いバルコニーが出来上がりました。

今回は家の気に入っている箇所を残しつつ、機能性を上げておしゃれになるマニカホームのリフォームが出来たのかなと思います。

ビフォー
アフター
マニカデザインアワード

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る