施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 栗本 和幸 > 空き部屋を活用して2世帯が暮らせる住まいに

空き部屋を活用して2世帯が暮らせる住まいに

  • エクステリア
  • キッチン
  • サニタリー(洗面)
  • トイレ
  • バリアフリー
  • ユニットバス
  • 内装
  • 断熱
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 名古屋市瑞穂区
築年数 25年
金額 1,000万円

ビフォー写真

間取り図面

ストーリー

3階建ての住宅にお住まいのご夫婦から、息子夫婦に子どもが生まれたため自分たちと一緒に暮らせる2世帯住宅にしたい、という希望のもとご来店いただきました。
1階のフィットネスルームだった空間をリノベーションし、家族みんなで暮らせるステキな空間を創るお手伝いをさせていただいた物語です。

もともとはフィットネスルームとして家族で体を動かず場所にしていた1階の一番広いスペース。
キッチン、お風呂、トイレ、洗面台などの住宅としての設備がなかった空間に、ご夫婦が安心して暮らせる環境をご提案いたしました。

間取りについてはとてもお悩みでした。プランを4回ほど練り直し、納得のいく間取りになるまで一緒に考え抜きました。
部屋を広く取りたいとのご要望がありましたので、リビングを少し拡げるプランを考えました。
弊社の新瑞橋のショールームでLDKの空間展示を見ていただき、お部屋を広くするプランを採った場合の実際の広さを体験していただきました。

奥様から、キッチンの前面にはカウンターデスクを取付け、子どもと向き合って勉強ができるようにしたいとのご要望をいただきました。
日当たりがいいわけではなかったため、室内が暖かくなるようサッシの入れ替えと床暖房をご提案しました。

ご主人様からはリビングで映画鑑賞がしたいとのご要望をいただきました。そこで専用のスクリーンボックスを作り、プロジェクターとスクリーンの取り付けを行いました。
ソファーに座りながら、テレビの前面にスクリーンが来てうまく映るように調整。
こだわりのホームシアターが出来上がりました。

トイレには独立で手洗い器のあるタイプを採用。
洗面所とお風呂は、回遊できる間取りをプランニングいたしました。洗面所には造作で作業スペースも造作いたしました。

1階のフィットネスルームを居住空間に。
たくさんの選択肢の中から、納得のいくお部屋に仕上がったかと思います。

ビフォー
アフター
マニカデザインアワード

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る